ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2017/12/20放送分)

 

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2017/12/20放送分)は、㈱湯田牛乳公社・専務取締役の溝渕郁夫と㈱西和賀産業公社・統括部長の藤原勝さんが出演し、西和賀産業公社より「感謝のお年玉プレゼント」のご案内をさせて頂きました。
江幡アナ】さて『ゴクッとしあわせ湯田牛乳』は、今日が今年最後の放送となりますが、今年も1年間、興味深い情報や話題を沢山提供していただきありがとうございました。
【溝渕】いいえ。こちらこそ、この番組のお陰で牛乳公社や産業公社や西和賀の様々な情報を多くの皆様にお伝えできましたし、逆に皆様からも「ラジオ聞いてるよ、頑張って」とお声をかけていただいたり、元気が出るお便りやメールを沢山いただくことができました。ラジオの情報発信力は本当にすごいと思いますし、ラジオをお聞きの皆様の励ましや応援は、私達が前に進むための大きなチカラになっています。本当にありがとうございます。そこで先週は、湯田牛乳公社から“感謝のクリスマスプレゼント”をさせていただいたんですが、今週は、西和賀産業公社さんが・・・
【水越アナ】
今回も先週に引き続いて“大盤振る舞い”があるんですか??
【藤原さん】はい。大盤振る舞い”かどうかはわかりませんが、湯田牛乳公社さんが“感謝のクリスマスプレゼント”でしたので、西和賀産業公社は“感謝のお年玉プレゼント”をさせていただきます。プレゼント商品は、先々週この番組で「大根の一本漬け」をご紹介したところ、IBCさんから「すごい反響、一本漬けは人気あります」という情報をいただきましたので、「大根の一本漬け」2本入りセットを、20名様に差し上げたいと思います。

江幡アナ】
えぇ!今週も20名ですか?
【藤原さん】はい!
【水越アナ】それは間違いなく“大盤振る舞い”です。ありがとうございます。
【溝渕】はい!!
江幡アナ】それは間違いなく“大盤振る舞い”です!!ありがとうございます。
【藤原さん】いいえ。溝渕専務もおっしゃったように、ラジオをお聞きの皆様の「いつも聞いてるよ、頑張って」というお声がけは、当社スタッフのやる気と勇気を引き出してくれますし、それが間違いなく成果にもつながっています。今回のプレゼントは、そんな皆様方へのささやかなお礼ですので、豪雪地帯・西和賀の風土と食文化が生み出した「大根の一本漬け」、どうぞお召し上がりください。
【水越アナ】はい。では、この特別プレゼントの応募方法は後ほどご案内しますので、どんどんご応募ください。さてそれでは、溝渕さん・・・
【溝渕】はい・・
【水越アナ】先週のお話では、今年は子供さんからのお便りが増えたので、その中から幾つかをご紹介いただけるということでしたが
【溝渕】はい。そうお約束しましたが、実は、師走の忙しさでまだ整理ができていません。宿題をしてない子供の言い訳のようですが、これからしっかり読み込み、来年初回1月10日の放送でご紹介したいと思います。そして、そのお便りに込められた思いにお応えする形で、来年の抱負を述べさせていただきたいと思います。
【藤原さん】なそれでは私も、今年は「産業公社に期待します」というお便りを沢山いただきましたので、それをしっかり読み込み、1月10日の放送で、そんな皆様の思いにお応えする形で来年の抱負を述べさせていただきたいと思います。
江幡アナ】それだと「思い伝わる」というスローガンにもピッタシですよね。それでは新年一回目、1月10日のお話に期待してますので、よろしくお願いします。
【溝渕・藤原さん】はい!
【水越アナ】では、今日は今年最後の放送ですので、ラジオをお聞きの皆様にメッセージがありましたらお願いします。
【溝渕】はい。ラジオをお聞きの皆様、今年1年間、本当にありがとうございました。以前この番組で「あなたにとってラジオの最大の魅力はなんですか?」という質問をしたところ、ある方から「私がラジオを好きなのは、電波が届く場所なら、何時でも何処でも、仕事中でも、運転や家事や育児をしながらでも、趣味を楽しみながらでもいろいろな情報を得られることです。それとラジオは、スタジオと聞いてる自分が双方向というか、繋がっている感じがします」というお返事をいただいたんですが、私達はいま、いろいろな年齢・立場・職業の方からお声をかけられたり、お便りをいただく度に、それを実感しています。
【藤原さん】2017年は、そんな繋がりの大切さとありがたさを強く実感した1年でしたが、2018年は、そういう繋がりを更に広げていきたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

【今週のプレゼント】

今週のプレゼントです。「大根の一本漬け」の2本入りセットを、今週も前回に引き続いて大盤振る舞いの20名様にプレゼント致します。

関連記事

ページ上部へ戻る