ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2018/1/24放送分)

※radikoのタイムフリー機能で今回の番組を再生される場合は、コチラをクリックしてください。

(注)岩手県外で聴取される場合は、有料の『radiko.jpプレミアム』の登録が必要です。

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2018/1/24放送分)は、㈱湯田牛乳公社の第1工場の工場長、高橋司が出演し、西和賀の冬の人気イベント『ほっと湯田2018北日本雪合戦』のお話をさせて頂きました。


【水越アナ】今日のゲストは、㈱湯田牛乳公社の大ヒット商品「プレミアム湯田ヨーグルト」や「gara・ギリシャヨーグルト」などを製造している第1工場の工場長、高橋司さんです。高橋さん、よろしくお願いします。
【高橋司】よろしくお願いいたします。
【浅見アナ】でということで、工場長さんがゲストなら今日はヨーグルトのお話、と皆さんお思いでしょうが、実はそうじゃないんですよね。
【高橋司】
はい。今日はヨーグルトのお話ではなく、西和賀の冬の人気イベント『ほっと湯田2018北日本雪合戦』のお話をさせて頂きます。ですが、まずはこの場をお借りし、当社の牛乳やヨーグルトを召し上がってくださっている皆様に、心より感謝を申し上げたいと思います。当社の商品が皆様から好評を戴いていることは、製造をしている私達にとって大きな喜び誇りです。私達は、今後も皆様から「湯田牛乳の商品はやっぱり美味しい」と言っていただけるよう思いを込めて商品作りを進めてまいりますので、どうかよろしくお願い致します。
【水越アナ】湯田牛乳公社さんには皆さん期待をしていると思いますので頑張ってください。
【高橋司】はい、頑張ります。
【浅見アナ】では、話題を『雪合戦』に移したいと思いますが、今日高橋さんがいらっしゃったということは、高橋さんも『雪合戦』の関係者なんですか。
【高橋司】はい。関係者というより、今は引退しましたが、以前はバカが付くほどの雪合戦のプレーヤーでした。実際15年前には、北欧フィンランドで開催された世界大会で優勝の美酒も飲ませていただきましたので、今日は大会のご紹介と、雪合戦の魅力を熱く語らせていただきます。
【水越アナ】世界大会で優勝、それはすごいですね。
【高橋司】いいえ、その頃はまだ参加チームも少なかったですからね。今は参加チームも多いですし、戦術や個々のテクニックも本当に高くなりましたから大変だと思います。
【浅見アナ】確かに、私達素人が見ても、年々戦術や技術が高くなっているのは感じますし、参加者の本気度も増していますよね。
【高橋司】はい。たかが『雪合戦』とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、はまると奥が深くて熱中してしまいます。中には熱が入りすぎて夫婦喧嘩になる人もいるようです。以前は、地元西和賀のチームが圧倒的に強かったんですが、最近は、昨年全国大会に出場した全農チームや、コーチを依頼してくるぐらい熱心な釜石チームなど、全体のレベルもどんどん上がっていると思います。
【水越アナ】それは、西和賀のチームもうかうかしてられませんね。
【高橋司】はい。でも、だからこそこの大会は年々盛り上ってきたと思いますし、今年も一般の部・ミックスの部・レディースの部合わせて104チームも参加してくれるいんだと思います。
【浅見アナ】104チーム、それはすごいですねぇ。チーム編成は、確か1チーム7人でしたよね。
【高橋司】はい。チームはコートに立てる選手7名・監督1名・補欠1名で編成され、勝敗は、相手チームの選手に雪玉を当てて退場させ、残った人数が多いチームか、敵陣の旗を奪ったチームが勝利となります。勝つためには、高い戦術性やいろんなテクニックが必要で、シェルターに身を潜めながら奇襲攻撃をかけたり、ここぞとばかり総力戦をしかけたり、白熱した攻防戦はとてもエキサイティングです。後方にいる選手が前方の選手に雪玉を素早く壊れないよう転がして渡すテクニックや、シェルターに隠れている相手チームの選手に、雪玉をフンワリ投げて当てる“ループ”というテクニックなども、注目していただきたいと思います。
【水越アナ】いまのお話だけでも、参加できなくても観てみたいって気になりました。今年の開催日程・会場などを教えていただけますか。
【高橋司】はい。『ほっと湯田2018北日本雪合戦』は、1月27日(土)と28日(日)の両日、西和賀町立湯田小学校グラウンド・特設コートで開催されます。参加チームは104チーム、これは大会史上2番目に多いチーム数なそうです。この大会の一般の部とレディースの部の上位チームは、北海道の壮瞥町で開催される『昭和新山国際雪合戦大会』に参加できますが、西和賀のチームは、過去に全国優勝、更にはフインランドの世界大会で優勝したこともありますので、今年もレベルの高い白熱した戦いになると思います。どうかご期待ください。また当日は、ご来場の皆様に身も心も温まっていただくために、湯田牛乳の「無料ホットミルクコーナー」を設置しますので、遠慮なくご利用いただきたいと思います。
【浅見アナ】ありがとうございます。ところで、バカが付くほどのプレーヤーだった高橋さんは、競技に復帰する気持ちはないんですか?
【高橋司】はい。正直やりたい気持ちはありますが、今は、人気商品のヨーグルトを“最高の状態”で皆様にお届けすることに全力を注ぎたいと思います。ですが、豪雪地帯の雪という資源を生かした『雪合戦』は、やっても観ても本当に楽しいエキサイティングな競技ですので、どんな形でも応援していきたいと思っています。

※大会の模様は2月11日(土)午後3時半からIBCテレビでも放送予定です。

【今週のプレゼント】

今週のプレゼントは、生シュークリーム3個入りを3名様にプレゼントいたします。

関連記事

ページ上部へ戻る