ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2017/1/18放送分)

 

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2017/1/18放送分)では、西和賀商工会・主任の高橋有起子さんが出演し、西和賀の豪雪を生かした人気イベント「雪あかり2017 in にしわが」を紹介して頂きました。

「雪あかり in にしわが」は、雪像やミニカマクラや、道路や玄関先に積もった雪の一部をくり抜き、そこに約2万本のロウソクを灯し、真っ白な雪とオレンジ色のロウソクの炎が織りなす幻想的で美しい光景を楽しむ、豪雪地帯ならではの人気イベントです。今年で25回目の開催となりますが、大きな特徴は、西和賀全域を会場にしていることと、このイベントの根底に、西和賀町民の「厳しい冬や豪雪と楽しく付き合いたい」という思いが流れています。昨年、町外からご家族でいらっしゃった方から、「町全域が会場なので見応えがありました。企画ものの雪像や雪あかりも素晴らしいと思いましたが、そこで暮らす人たちが、自然の地形を生かして作った雪あかりは、素朴ですが、とても幻想的で感動しました。地元の皆様から納豆汁や甘酒やホットミルクなどいろいろ御馳走になり、家族全員、身も心も温まりました。妻も小学生の子ども2人も“また行きたい”と言っておりますので、来年もおじゃましたいと思います」というお便りをいただいたんですが、今年も、皆様から「感動した、毎年来たい」と言っていただけるよう、思いを込めて明かりを灯します。
左草地区から下前地区に抜ける「あかりの小路」と呼ばれる約1.5kmの雪の回廊は、「縁結びの小路」とも呼ばれる縁結びスポットがあり、そこでプロポーズして結婚なさった方もいらっしゃいます。

「雪あかり2017 in にしわが」は、2月11日(土)に、西和賀全域で開催されます。開催時間は、ロウソクに点灯する午後5時30分から午後10時までです。全会場の点灯に先立ち、午後5時20分からJRほっとゆだ駅前の「雪あかり広場」と沢内貝沢地区「団体参加会場」で開会セレモニーを行いますが、「雪あかり広場」には、女優の名取裕子さんにも参加していただきます。好評の「雪あかり遊覧バス」は、盛岡発着、北上発着、ほっとゆだ発着の3コースを運行しますが、いずれも有料・予約制となっておりますので、詳しくは西和賀商工会のHPをご覧くたさい。また今年も、町外からおいでになった方で「雪あかりを作ってみたい」という方のために、先着30組様に限り、製作場所とロウソク5本を無料提供いたしますので、ご希望の方は、午後3時までに、ほっと湯田駅前「湯夢プラザ」までお集まりください。
また、今年も食べ物・飲み物のサービスや販売、協賛イベントがあります。湯田牛乳公社の直売所「結ハウス」ではホットミルクを、「湯夢プラザ」では納豆汁を、「レストハウスゆのさわ」ではミルク豚汁を、湯本地区では鬼剣舞の演舞とおしるこを、「産直・里の恵」ではオリジナルの汁物を、天瀬地区では卵酒やお菓子を、上野々地区では甘酒と漬物を、川尻2区では甘酒を、新町地区では百年座の和太鼓演奏と豚汁を、「農家食堂・およね」ではお食事された方にビスケットの天ぷらを、「ホテル森の風・沢内銀河高原」ではソフトドリンクを無料サービスさせていただきますが、数や量が限られておりますのでご了承ください。また、町営スキー場ではタイマツスキー滑走、湯田地区では餅まきや花火の打ち上げなども行われます。それから、昨年好評でしたプレイベント、一般家庭のみが明かりを灯す「小さな雪あかり」は、一週前の2月4日(土)に開催いたしますし、「雪あかり2017」と「小さな雪あかり」を撮影した写真のフォトコンテストも、2月4日から2月28日まで作品を募集いたします。審査結果の発表は3月中旬から下旬、最優秀賞から佳作まで18作品に、賞金と副賞として特産品が送られます。詳しくは、西和賀雪あかり実行委員会・電話番号0197-82-2270までお問い合わせください。

 

【今週のプレゼント】

湯田牛乳公社のもちもちミルクプリン「ゆきぼっこ」3個入りを3名様にプレゼントさせて頂きます。

関連記事

ページ上部へ戻る