ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2017/3/22放送分)

 

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2017/3/22放送分)は、㈱西和賀産業公社・生産加工課主任の瀬川然さんと、「レストハウスゆのさわ」厨房担当の高橋涼太さんが出演し、3月26日から販売を開始します新商品『甘酒』と、昨年から発売し大好評の『どぶろくユキノチカラ』をご紹介しました。
甘酒やどぶろくは、西和賀では、昔から各家庭や地域で作って飲まれている身近な飲み物なんですが、どうしても“お年寄が好む飲み物”というイメージが強いんです。そこで、商品として販売する為には、若い世代や女性の意見も取り入れようということで、私たちもいろいろ意見を出させてもらいました。まずは召し上がってみてください。
実は甘酒は、飲む点滴といわれるほど栄養豊富な飲み物で、腸内の環境を整えるオリゴ糖や乳酸菌や食物繊維、糖質や脂肪をエネルギーに変えるビタミンB群や酵素を豊富に含んでいます。ですからこの『甘酒』は、お年寄は勿論、若者も子供も、毎日飲みたくなるようなスッキリ味に仕上げました。この『甘酒』の原材料は、西和賀の豊かな森林と豪雪が生み出す美味しい水と、お隣り横手市の“こだわりの米麹”だけです。この甘さは、水と米麹だけで出してる甘さで砂糖などはいっさい入っていません。ノンアルコールですから、お年寄から子供さんまでどんどん飲んでいただきたいと思います。

この『どぶろくユキノチカラ』は、西和賀産のアキタコマチと、豪雪地域・左草地区の美味しい水で作ったんですが。西和賀の美味しい水で育った食材や、その食材を使って作った料理とコラボできるよう、アルコール度数を抑え、飲みやすい甘口に仕上げてみました。中には、「クセが無さすぎてどぶろくじゃない」という方もいらっしゃいますが、女性の皆さんからは「優しい味でいろんな料理に合う」と好評をいただいております。ぜひ一度、ご賞味いただきたいと思います。

 この新商品『甘酒」と『どぶろくユキノチカラ』の購入方法をお伝えします。『甘酒』は、「道の駅錦秋湖」、日帰り温泉「ほっとゆだ」売店、ほっとゆだ駅前の「湯夢プラザ」、秋田自動車道・錦秋湖サービスエリアに隣接する「オアシス館」「砂ゆっこ」で、3月26日から販売を開始いたします。販売価格は、1袋・180ml入りで250円です。『どぶろくユキノチカラ』は、「道の駅錦秋湖」「ほっとゆだ」「イオンモール盛岡南・結の市」「道の駅・遠野風の丘」で販売しています。販売価格は、500mlで1200円です。詳しいことをお知りになりたい方は、㈱西和賀産業公社・電話番号0197-82-2211までお問い合わせください。

【追加情報】

西和賀産業公社楽天ショップでも、4月末までの期間限定で『どぶろくユキノチカラ』を販売致します。
西和賀町は、奥羽山脈の山岳地帯に広がる豪雪の町、長く厳しい冬の間空からは止むことを忘れたように雪が降り地上では、地吹雪が人々の行く手を妨げます。でも、その豪雪が、春にはミネラル豊富な水となり田や畑を潤し、おいしい作物を育てます。このお酒は、そんな水が育てた「あきたこまち」を使用し、清冽な地下水を仕込み水にして、じっくりと醸したどぶろくです。

【今週のプレゼント】

どぶろくユキノチカラ1本と甘酒2袋を、3名の方へプレゼントさせて頂きます。

 

関連記事

ページ上部へ戻る