ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2017/3/29放送分)

 

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2017/3/29放送分)は、㈱西和賀産業公社・店舗統括課長の高橋昌幸さんと、「道の駅錦秋湖」厨房主任の佐藤貴志さんが出演し、「道の駅錦秋湖」の春の特別メニュー『にしわが春ラーメン』と、『にしわが山菜天井』をご紹介しました。
「道の駅錦秋湖」では、四季折々、西和賀の旬の食材を使った特別メニューを提供していますが、今日は、試食用の『にしわが春ラーメン』を準備しましたので、まずは召し上がってみてください。
スープは、雪解け水をイメージした塩味のスープで、それに春キャベツや旬の山菜などをトッピングして“春の里山”を表現してみました。西和賀のバッケ、フキノトウで作ったバッケ味噌が付いています。まずは、そのまま食べていただき、途中でバッケ味噌をお好みの量溶かしていただくと、バッケの風味が広がり、また違った春の味を感じていただけると思います。とうぞ、熱いうちに召し上がってみてください。この『にしわが春ラーメン』の一推しポイントですが、お客様の中には、この別皿付けのバッケ味噌を少し残し、無料サービスの小ライスに乗せて召しあがる方もいらっしゃいます。一杯のラーメンで、三つの味を楽しめる『にしわが春ラーメン』は、「道の駅錦秋湖」のレストランで4月1日・土曜日より、750円で提供させていただきます。無料で小ライスも付きますので、ぜひ一度ご賞味いただきたいと思います。

次に、『にしわが山菜天井』をご紹介させて頂きます。西和賀の春を代表する食材は、やはり山菜です。食べ方はいろいろありますが、最もシンプルな美味しい食べ方は天ぷらですので、毎年この時期は、山菜天井を提供させていただいてます。今日は、ここでは天ぷらを揚げれないので写真をお持ちしましたのでご覧ください。皆さんかなりボリュームがあるとおっしゃいますが、山菜の天ぷらは食べやすいみたいで、女性やご高齢のかたでもペロッと召し上がるかたが多いです。天ぷらの内容は、仕入れ状況によって多少変わりますが、西わらび・フキノトウ・こごみ・こしあぶら・うるい・行者にんにくなど西和賀が誇る山菜の中から6から7種類ぐらいを、カラッと揚げてご提供したいと思います。

『にしわが春ラーメン』は4月1日・土曜日から提供させていただきますが、「にしわが山菜天井」は、1週間遅れの4月8日・土曜日から、価格780円で提供させていただきます。どちらも、西和賀の春の旬の食材を使った自信のメニューですので、どうか皆様、「道の駅錦秋湖」までおいでいただき西和賀の春の味覚をご堪能いただきたいと思います。

【今週のプレゼント】

道の駅錦秋湖でご利用頂ける「春ラーメン」のペア券を、3名の方へプレゼントさせて頂きます。

 

関連記事

ページ上部へ戻る