ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2017/4/19放送分)

※radikoのタイムフリー機能で今回の番組を再生される場合は、コチラをクリックしてください。

(注)岩手県外で聴取される場合は、有料の『radiko.jpプレミアム』の登録が必要です。

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2017/4/19放送分)は、㈱湯田牛乳公社・専務取締役の溝渕郁夫が出演し、当社の人気商品「プレミアム湯田ヨーグルト」に、全国各地から嬉しいお便りが沢山届いてるというお話をさせていただきました。
とても嬉しい、というか、とてもありがたい、もっと頑張ろうという気持ちにさせてもらえるお便りやメールを沢山いただいてます。今日は、その中から幾つかご紹介させていただきますが、その前に、今回のプレゼントをご紹介しましょう。
「プレミアム湯田ヨーグルト」がここまで人気が出たのは、ラジオをお聞きの皆様の応援のおかげもあると思いますので、今回は、「プレミアム湯田ヨーグルト」加糖タイプ1個とプレーンタイプ1個を入れた2個セットを、20名の皆様にプレゼントさせていただきます。ささやかな感謝の気持ちですので、どうかお召し上がりください。
では、全国各地から湯田牛乳さんに届いていると言うお便りのご紹介させていただきます。まずは、平泉町出身で現在東京にお住まいの女性からいただいたお便りです。
「プレミアム湯田ヨーグルトをお友達に紹介するたびに、皆さんに喜ばれるので、私自身が嬉しくなります。地元岩手の商品であることをとても誇りに思います」というものでした。実は、西和賀出身の方はもちろん、岩手出身の方から同じようなお便りを沢山いただいてるんですが、こういうお便りをいただくと、嬉しさや感謝とともに、もっと頑張ろう!という意欲も湧いてきます。本当にありがとうございます。
当社と消費者の皆さんとの関係は、距離が近いと感じていただけていると思います。それは当社が、酪農家さんはじめ、地域の皆さんと共に頑張っている田舎の小さな会社なので、消費者の皆様も、当社の商品作りや取組を身近に感じてくれているからなんだろうと思います。地域と共に!、それが当社の大きな強みだと思っています。
当社も、西和賀産業公社も、地域の資源を生かす事と地域の皆さんとの協働を、一番大切にしております。そして、西和賀や岩手出身の方は、美味しさだけでなく、どういう思いとプロセスで作った商品かと言った部分も自慢したくなるのではないかと思います。それは本当にありがたいことだと感謝しています。そして、こうした部分と言うのは地元・西和賀在住の方々も同じように、いや、それ以上に思ってくださってるようで、先日も地元の方から、「町外の知り合いに(湯田牛乳の商品を送ると)絶賛されます」というメールを頂いたんですね。その方は東京や関東のご友人に“どこで売ってるの?”と聞かれた時、「買いたいなら岩手に、そして西和賀に来て下さい」とお伝えしたそうなんです。ここまで言われると、「どういうところで商品を作っているのか、岩手・西和賀を観光しながら行ってみたい」と思ってもらえるような商品を開発しなければ、という責任を感じます。商品開発グループも、頑張りたいと言っています。地域資源を生かした商品が、観光までつながるということはありがたいことだと思います。
そこで今日は、新商品はまだ出来ていませんが、当社工場に隣接する直売店「結ハウス」でしか食べられない、フルーツソースを交ぜて水切りした「プレミアム湯田ヨーグルト」をシュー皮で挟んで食べる、「プレミアム湯田ヨーグルトシュー」をお持ちしましたので、最後にそれを召し上がっていただきたいと思います。
これはシュークリームの生クリームの替わりに、水切りしたプレミアムヨーグルトを入れております。そして、工場の直売店限定と言う事は、まさに「これを食べるために西和賀までお越しください」という想いがあります。スウィーツの好みは人それぞれですから、そこまで言い切れる自信はありませんが、お客様の感想は「シュークリームより食べ応えがあり、食べたという満足感がある。でもヨーグルトなのでヘルシー感もある」というものが多いようです。1日限定20食ですが、ラジオをお聞きの皆さんも西和賀にお立ち寄りの際は、ぜひ召し上がってみてください。

 

【今週のプレゼント】

「プレミアム湯田ヨーグルト」加糖タイプ1個・プレーンタイプ1個の2個セットを20名様へプレゼントさせて頂きます。


関連記事

ページ上部へ戻る