Q-1 低温殺菌牛乳ってなに?

【A-1】
生乳のもつ風味と栄養を大切にする殺菌法(低温長時間殺菌法)です。主に62~65℃で30分間殺菌を行います。当社は63℃30分間殺菌牛乳です。この殺菌法は有害菌を殺菌することと、牛乳への加熱の影響を最も小さくすることを目的とした伝統的な方法です。 一般的な牛乳は超高温殺菌法で殺菌されており、有害な菌のみではなく、人の体にとって有益な菌まで殺菌してしまいます。また、熱に弱い「タンパク質・ビタミン・カルシウム」といった栄養素の成分をこわしてしまうこともあります。その点、低温殺菌牛乳は成分をこわさないことから、効率良く栄養を吸収できる殺菌方といわれています。

ページ上部へ戻る