ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2018/9/5放送分)

※radikoのタイムフリー機能で今回の番組を再生される場合は、コチラをクリックしてください。

(注)岩手県外で聴取される場合は、有料の『radiko.jpプレミアム』の登録が必要です。

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2018/9/5放送分)は、㈱湯田牛乳公社営業課・係長の小林冬樹が出演し、8月22日・23日の両日、東京国際展示場・ビックサイトで開催された展示商談会「アグリフードEXPO2018」のお話ををさせて頂きました。
【水越アナ】今日のゲストは、㈱湯田牛乳公社営業課・係長の小林冬樹さんです。小林さん、よろしくお願いします。。
【小林よろしくお願いいたします。
【浅見アナ】今日は、8月22日・23日の両日、東京国際展示場・ビックサイトで開催された展示商談会「アグリフードEXPO2018」のお話をしていただきますが昨年に引き続き、今年も西和賀産業公社さんと共同出展なさったそうですね。
【小林】はい。当社と西和賀産業公社は、西和賀の未来を拓く為に共に頑張っている言わば兄弟のような関係なんですが、昨年ブースをつなぎ、チーム西和賀で商品アピールをしたところ大変好評でしたので、今年も共同出展いたしました。会場には招待券を持った方しか入場できないんですが、今年は、2日間で約1万4千人のお客様にご来場いただき、私達のブースは、ほかの出展者から「人が途切れないでうらやましい」と言われるくらい大盛況でした。今日は、写真を何枚か持ってきたんですが、どうですか。賑わいや活気を感じていただけますか。
【水越アナ】はい。賑わいも活気も十分伝わってきます。ースの壁いっぱいに張ってある写真パネルも、「おもいつなげるおいしい牛乳」と「風土がくれた宝物」というキャッチコピーも、去年よりインパクトありますよね。
【小林】はい。壁の写真パネルやコピー、特に「おもいつなげるおいしい牛乳」と「風土がくれた宝物」というコピーは、昨年、商品の美味しさや付加価値を説明する切り口として効果がありましたのでさらに目立たせてみたんですが、お客様からは「ブースを探す目当てにもなった」と好評でした。
【浅見アナ】そうですか。でも、「ブースを探す目当て」とおっしゃった方達は、最初から西和賀のブースを目指してきたってことですよね。
【小林】はい。当社はこの展示会に6年前から出展していますが、最初の頃は湯田牛乳は勿論、西賀町も知らない方がほとんどでした。ですが、当社が誇る低温殺菌牛乳・厚子が牛乳グランプリで金賞を受賞し、「プレミアム湯田ヨーグルト」がヒットしてからは、最初から当社の商品に興味を持って訪れてくださる方が増えましたし、今年は、産業公社と共同出展している効果だと思うんですが、「西和賀町の商品は魅力的、楽しみにしてきました」というお客様がたくさん訪れてくださいました。
【水越アナ】なるほど。つまり、それだけ牛乳公社さんや産業公社さんの商品の魅力も、西和賀町の魅力も、広く知れ渡ってきたってことですよね。
【小林】はい、そうだと思います。ですから今年は、お客様が興味を持ってくださってる分、お-人お一人の滞在時間も長く、試食の数も一気に増えたんだと思います。
【浅見アナ】へぇ~、試食はどれぐらい増えたんですか?
【小林】はい。去年は、「プレミアム湯田ヨーグルト」と「ギリシャヨーグルト・ガラ」と低温殺菌牛乳・厚子の試食・試飲で1800食だったんですが、今年は3000食を越えました。産業公社も、「西わらびのピクルス」が、試食皿が足りなくなるくらい大人気でした。
【水越アナ】3000食ですか。それはすごいですねぇ。
【小林】はい。そしてほとんどのお客様が、ただ試食をするだけじゃなく、いろいろ質問やご意見をしてくださったので、2日間とも、お客様との会話が途切れない状況でした。初日は8名、2日目は7名のスタッフで対応させていただきましたが、十分お話ができなかった方もいらっしゃったと思います。どうかご容赦ください。
【浅見アナ】でもそういう会話ができるのは、西和賀の商品に、作る人達の思いやこだわり、共感できるストーリーが詰まっているからなんですよね。
【水越アナ】そうそう。だから、「おもいつなげるおいしい牛乳」「風土がくれた宝物」というコピーも生きるんですよね。
【小林】はい。逆に言えば、当社や産業公社のような岩手の山奥にある小さな会社が未来を拓く為には、足元にある資源を生かした、思いとこだわりが詰まったオリジナル商品を開発するしかないんですが、それが通用することをこういう大展示会で実感できるのは本当に嬉しいですし、大きな自信、励みにもなります。ただ、ここから更に前進する為には、共に頑張ってくれる仲間、特に若い仲間を増やさなければなりません。これは、地方のすべての企業が抱える切実な問題だと思いますが、人口減少で岩手で最初に消滅する町と言われている西和賀ですので、若い仲間は絶対増やさなければなりません。実は私も、進学と就職で一度都会に出てUターンした人間なんですが、正直、妻子と共に帰ってきた当初は不安で一杯でした。ですが、湯田牛乳公社に就職して、今はワクワクしながら仕事をしています。産業公社の若い人達とも、「明るい未来を拓く為に力を合わせて頑張ろう!」と熱く語り合っています。一緒に西和賀の未来を拓いてくれる仲間、UターンでもIターンでもかまいませんので待っています。よろしくお願いいたします。

【今週のプレゼント】

さて今週のプレゼントは、アグリフードで人気だったプレミアム湯田ヨーグルト加糖とプレーン1個ずつとさらにgaraギリシャヨーグルト1個を特別に加えて3名様にプレゼントです。

関連記事

ページ上部へ戻る