ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2018/10/3放送分)

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2018/10/3放送分)は、㈱湯田牛乳公社・専務取締役の溝渕郁夫が出演し、9月23日(日)に西和賀町長峰高原で開催された『ウシさんのお絵描きコンテスト』のお話をさせて頂きました。
【水越アナ】今日のゲストは、㈱湯田牛乳公社・専務取締役の溝渕郁夫さんです。溝渕さん、よろしくお願いします。
【溝渕よろしくお願いいたします。
【浅見アナ】今日は、9月23日(日)に西和賀町長峰高原で開催された『ウシさんのお絵描きコンテスト』のお話なそうですが、今年も、大変盛り上がったようですね。
【溝渕】はい。このイベントは7年前にスタートしましたが、今年も多くのご家族が、燦々と輝く太陽のもと、広い牧草地で畳1枚分もある大きなパネルにワイワイ楽しく絵を描いたり、牛とふれ合ったり、バター作りをしたりして大変盛り上がりました。特に今年は、「継続は力なり」と言いますが、それを強く感じたエピソードがありましたので、今日はそれをご紹介しながらお話を進めさせていただきます。そこでまずは、このお父さんお母さん・二人のお嬢さんが写っている4枚の家族写真をご覧いただきたいんですが
【水越アナ】はい。ああこれは4枚とも、このご家族が、描きあげた絵と一緒に撮った記念写真ですね。写真の下に2012年、2014年、2017年、2018年とあるのは、撮った年の年号ですか。
【溝渕】はい。このご家族は、初回から毎回参加してくれているご家族なんですが、2012年の写真は、このイベントがスタートした年の写真です。写真の構図は同じですが、だからこそこのご家族の7年の変化が見えると思います。上のお嬢さんは小学6年生から高校3年生に、下のお嬢さんは幼稚園年長組から小学6年生になりました。
【浅見アナ】なるほどねぇ。子供って、7年でこんなに成長するんですね。
【溝渕】
はい。複数回参加しているご家族は、他にも10組以上いらっしゃいますが、年々成長するお子さんに会えるのは、私達の大きな楽しみの一つになっています。それから、この4枚の写真の、絵に中に書いてあるメッセージを見ていただきたいんですが
【水越アナ】はい・・あぁ初参加の2012年の絵には『こんなにおいしい湯田牛乳、買うCOW』2014年の絵には『うまい!ゆだの大地の恵み』、2017年の絵には『未来へつなごう湯田の牛乳』、2018年の絵には『あなたへのかけはし湯田牛乳』と書いてありますね。
【溝渕】 はい。このご家族は、初回は「湯田牛乳が好き」という理由で参加したので、メッセージも『こんなにおいしい湯田牛乳』でしたが、広大な牧草地や牛や酪農家さんとふれ合ったことで、2年後は『うまい!ゆだの大地の恵み』、昨年は、西和賀の未来づくりを応援したいという思いを込めて『未来へつなごう湯田の牛乳』と書いてくれました。そして今年は、『あなたへのかけはし湯田牛乳』と書いてくれたんですが、ご本人達がおっしゃるには「娘の大学進学で、来年参加できるかは分かりませんが、このイベントに参加したおかげでいろんなことに気づくことができましたし、家族の会話も増えました。湯田牛乳は、生産者と消費者の懸け橋だけでなく、家族の懸け橋にもなっています」ということでした。これは、私達にとってほんとに嬉しい、感動するメッセージでした。
【浅見アナ】なるほど。つまりこのご家族は、参加する度にいろんなことに気づき、家族の会話も増え、家族のつながりも強くなったということですね。
【溝渕】
はい、そうです。そしてそれは、ほかのご家族も・・【写真②を見せながら】・たとえばこの2枚の写真は、同じご家族の、昨年と今年の絵と一緒に撮った記念写真なんですが、何かお気づきになりませんか。
【水越アナ】はい。あぁ2枚とも、親牛と子牛が仲良く並んでいますが、親牛は普通の牛なのに、子牛は黄色だけで描かれていますよね。それも、昨年は絵の隅で横を向いていた黄色い子牛が、今年は5倍ぐらいの大きさになって堂々と前を見ていますよね。
【溝渕】はい。ご両親がおっしゃるには、この子牛は小学生の息子さんが描いたそうですが、昨年、絵の隅に小さく描いた黄色い子牛を「発想が自由で素晴らしい」と褒められたことをきっかけに、何事にも前向きに取り組めるようになり、今年は、堂々と正面を向いている黄色い子牛を、昨年の5倍の大きさで描いたんだそうです。
【浅見アナ】
なるほど。それも昨年は、自信なさそうに横を向いている子牛に優しく寄り添う親牛という構図だったのに、今年は親牛と子牛が、前向きな表情で堂々と肩を並べていますからね。これは、ご両親は嬉しいですよね。
【溝渕】はい。ご両親も、満面の笑顔で「息子と子牛は共に成長しています」とおっしゃっていましたが、8月開催の『夏休み親子で楽しむヨーグルト教室』もそうですが、当社は今後も、このような企画・イベントをどんどん開催して参りますのでよろしくお願いいたします。また今年は、初めて参加した何組かのご家族から「ラジオを聞いて応募しました」と言われたんですが、この番組をお聞きの皆様とのご縁もますます大切にさせていただきたいと思います。そこで今日は、ラジオをお聞きの皆様に「これからもよろしくお願いします」という思いを込めて、当社が誇る低温殺菌牛乳「厚子」のノンホモ・ホモと「飲むヨーグルト」の3本セットを、20名様にプレゼントしたいと思います。
【水越アナ】あぁ出ました湯田牛乳公社さんの大盤振る舞い。そろそろ出るんじゃないかと思っていたんですよねぇ。
【溝渕】いえいえ。当社が、こうやっていろんな企画・イベントを開催できるのは、多くの消費者の皆様に「思いつなげる美味しい牛乳・乳製品」を召し上がっていただいているおかげです。今回のプレゼントも、そんな皆様へのささやかな感謝の気持ちですので、どうぞお召し上がりいただきたいと思います。

【今週のプレゼント】

さて今週のプレゼントは、低温殺菌牛乳「厚子」のノンホモ・ホモと「飲むヨーグルト」の3本セットを、20名様にプレゼント致します。

関連記事

ページ上部へ戻る