ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2019/1/23放送分)

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2019/1/23放送分)は、湯田牛乳公社・専務取締役の溝渕郁夫が出演し、豪雪地帯・西和賀の冬の人気イベント『ほっとゆだ2019北日本雪合戦大会』のご案内させてさせて頂きました。
【水越アナ】今日のゲストは、㈱湯田牛乳公社・専務取締役の溝渕郁夫さんです。溝渕さん、よろしくお願いします。
【溝渕よろしくお願いいたします。
【浅見アナ】今日は、豪雪地帯・西和賀の冬の人気イベント『ほっとゆだ2019北日本雪合戦大会』のご案内をしていただきますが湯田牛乳公社さんは、毎年「無料ホットミルクコーナー」を設置して、この大会を盛り上げていますよね。

【溝渕】はい。この雪合戦は、豪雪地帯・西和賀の住民が厳しい冬を少しでも楽しく過ごすために始めたイベントですが、競技会場が寒さ厳しい小学校の校庭ですので、当社は、会場にいらっしゃる全ての皆様にホットミルクを無料提供しております。毎年多くの方から「ホットミルク最高!身も心も温まります」というお声をいただいていますので、今年も全農岩手県本部様の協賛をいただき、身も心も温まる美味しいホットミルクをたっぷり準備いたしますので、どうかご期待ください。
【水越アナ】震えるような寒さの中で飲む熱々のミルクは、ほんとに美味しいですよね。
【浅見アナ】身も心も温まるという気持ち、よく分かります。今年は、私も会場におじゃましますのでよろしくお願いします。
【溝渕はい、おまかせください。
【水越アナ】でもこの雪合戦、西和賀の大会も盛り上がっていますが、全国的にも冬のスポーツとして人気が出ているようですね。
【溝渕はい。昨年も、全国30カ所以上で大会が開催されたそうですし、競技人口も年々増えているようです。そこで、なぜそんなに人気があるのかを選手の皆さんにお聞きしたところ、返ってきた答えで一番多かったのが、「この雪合戦は、特別運動能力が高くなくても、どんな人でも参加できますが、勝利する為には高いチーム戦術と個々のテクニック、そしてチームワークが必要です。ですから強いチームは、勝つための戦術研究と練習を日々重ねていますが、それがやればやるほど奥が深くておもしろいんです」ということでした。西和賀の大会は、戦術も個々のテクニックも全国トップクラスと言われていますので、興味をお持ちの方はぜひ一度、熱気あふれる白熱の試合をご観戦いただきたいと思います。
【浅見アナ】はい。言われてみれば、確かに強いチームには、明確な戦術とそれを実行する為の個々の技術力がありますよね。
【水越アナ】そして監督の指示を中心に、勝利する為その戦術や技術をどのように使うかの駆け引きとチームワーク、観ているだけでもワクワクドキドキしますもんね。
【溝渕はい。実際、やったことも観戦したこともない方はなかなかイメージできないかもしれませんが、「たかが雪合戦と思うでしょうが、やればやるほど奥が深くておもしろい」、それが「スポーツ雪合戦」の大きな魅力なんだと思います。
【浅見アナ】なるほどね。でも確かに、やったことも観戦したこともない方はなかなかイメージできないと思いますので、「スポーツ雪合戦」とはどのような競技なのかを、簡単にご説明いただけますか。
【溝渕】はい、分かりました。雪合戦というと、ただ雪玉をぶつけ合う冬の遊びを思い浮かべる方が多いと思いますが、「スポーツ雪合戦」には明確なルールがあります。まずはチーム編成ですが、コートに立てる選手が7名・監督1名・補欠1名で構成されます。勝敗のつけ方は、試合時間内に相手チームの選手に雪玉を当てて退場させ、残った人数が多いチームか、敵陣に立っている旗を奪ったチームが勝利となりますが、勝利する為には高い戦術性といろいろなテクニックが必要です。例えば戦術としては、シェルターに身を潜めながら奇襲攻撃をかけたり、ここぞとばかりに総力戦をしかけたりしますが、そのやり方や攻めるタイミングはチームによって異なりますし、監督の指示の出し方や選手同士の意志疎通が重要になります。個々のテクニックとしては、例えば、後方の選手が前方の選手に雪玉を素早く壊れないように転がして渡す技術や、シェルターに隠れている相手チームの選手に、雪玉をフンワリ投げて頭上から当てるループという技などいろいろありますが、観戦される方には、そのへんの技術も注目していただきたいと思います。今年は、一般の部・ミックスの部・レディースの部の3部門に86チームが参加しますが、間違いなくハイレベルでエキサイティングな大会になると思いますので、興味がある方は、ぜひご来場いただきたいと思います。
【水越アナ】今のお話だけでも、なんか観戦してみたいって気持ちになりました。では、今年の開催日程・会場などを教えていただけますか。
【溝渕】はい。『ほっとゆだ2019北日本雪合戦大会』は、1月26日(土)と1月27日(日)の両日、西和賀町立湯田小学校グランド・特設コートで開催されます。今年は86チームが参加予定ですが、一般の部とレディースの部の上位チームは、北海道の壮瞥町で開催される『昭和新山国際雪合戦大会』に参加できます。西和賀のチームは、過去に全国優勝、更にはフィンランドの世界大会でも優勝していますが、近年は、町外から参加するチームのレベルが飛躍的にアップしており、昨年もレディースの部は、釜石市の「ウル虎セブン」というチームが優勝しました。先程も申し上げましたが、今年も間違いなくハイレベルでエキサイティングな、やっても観ても楽しい『雪合戦大会』になると思いますので、どうか皆様、会場まで足をお運びいただきたいと思います。そして、湯田牛乳公社の、「身も心も温まる美味しいホットミルク」を飲んでいただきたいと思います。

開催概要
開催期間2019年1月26日(土)・27日(日)
開催場所西和賀町立湯田小学校グラウンド・特設コート
(岩手県和賀郡西和賀町湯田20地割57−7)
連絡先ほっとゆだ北日本雪合戦大会実行委員会事務局(IBC岩手放送事業部内)
TEL:019-623-3137 FAX:019-629-2652 
HPhttps://www.ibc.co.jp/event/2019_yuki/

■アクセス

【今週のプレゼント】
今週のプレゼントは、大会でもホットミルクでお出しする、生乳の栄養と風味が生きる72度15秒間で殺菌した「湯田牛乳1000ml1本」、また、65度の低温で30分間殺菌した「厚子ホモ1000ml1本」、こちらも63度の低温で30分間殺菌、ノンホモジナイズ製法で搾りたての生乳に近い味わいの「厚子ノンホモ1000ml1本」、さらに「飲むヨーグルト1000ml1本」、合計4本を3名様にプレゼント致します。

関連記事

ページ上部へ戻る