ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2019/2/13放送分)

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2019/2/13放送分)は、㈱西和賀産業公社・生産加工課長の廣瀬稔さんが出演し、西和賀の冬の新名物「にしわが寒ざらしそば」をご紹介させて頂きました。
【水越アナ】今日のゲストは、㈱西和賀産業公社・生産加工課長の廣瀬稔さんです。廣瀬さん、よろしくお願いします。
【廣瀬さんよろしくお願いいたします。
【浅見アナ】今日は、西和賀の冬の新名物「にしわが寒ざらしそば」の話題という事ですが、この「寒ざらしそば」は、去年から提供時期が変わったんですよね。
【廣瀬さん】はい。一昨年までは2月初めから4月まで提供させていただいていましたが、多くの寒ざらしそばファン、特に町外の皆様から「豪雪の時期に行くのは大変、もっと行きやすくなってから食べられませんか」というご要望がありましたので、昨年からは仕込み時期を遅らせ、4月中旬から提供させていただいています。ですが、こちらの告知不足もあり、昨年は、2月3月の豪雪時期においでになった方も沢山いらっしゃいました。本当に申し訳ありませんでした。そこで今日は、改めて、提供時期が4月中旬から、そして提供店舗数も1店舗から5店舗になったことのお知らせと、まだご存じない方もいらっしゃると思いますので、「にしわが寒ざらしそば」の美味しさの秘密をお話させていただきます。
【水越アナ】そうですか。やっぱり皆さん、2月3月に行きましたか。でも、皆さんそれだけ「寒ざらしそば」を心待ちにしてたんですね。
【廣瀬さん】はい。ファンの皆さんは、「寒ざらしそばイコール2月3月」というイメージが強かったみたいで、予想以上に多くの方が豪雪の中をおいでになりました。でもそれは、それだけ期待もされているということですので、今まさに仕込みの真っ最中ですが、皆様に感動していただける美味しい「寒ざらしそば」をご提供できるよう頑張りたいと思います。
【浅見アナ】はい、頑張ってください。でも、「寒ざらしそば」の仕込みはかなり大変なそうですね。
【廣瀬さん】はい。「寒ざらしそば」は、秋に収穫した新そばを細心の注意を払いながら大切に保存し、真冬の冷たい清流に10日間ほど浸け、それを山国の乾いた寒風と太陽光線で20日間かけて乾燥させて作る“玄そば”のことですが、正直、西和賀の真冬の冷たい水と寒風はかなり体にこたえます。でも、それで美味しい「寒ざらしそば」ができ、お客様が喜んでくれると思うと、体はきつくても辛くはありません。むしろワクワクしながら仕込んでいます。
【水越アナそうですか。でも「寒ざらしそば」は、手間と時間をかける分、やっぱり美味しいですよね。
【浅見アナ】ですよねぇ。ふだん提供されている「にしわが十割そば」も美味しいですけど、寒ざらしは風味や甘みが増して本当に美味しいです。
【廣瀬さん】ありがとうございます。この“寒ざらし”という手法が生まれたのは江戸時代あたりで、本来は玄そばを種子として保存する為の手法だったそうですが、近年は、そばを美味しく食べる手法として使われています。この玄そばを挽いて打った「寒ざらしそば」は、雑味が取れ、風味や甘味が増し、食感もモチモチとなって本当に美味しいです。今みたいに科学的な分析もできなかった時代にこういう手法を生み出した先人の知恵と工夫には、心から敬意を表したいと思います。
【水越アナですよねぇ。昔の人達の、身近にある資源を活用する力は本当にすごいですよね。
【廣瀬さん】はい。特に私達は、資源の宝庫と言われる西和賀で生きていますから、そういう力は絶対受け継がなければと思っています。そして、魅力ある農林生産物や、それを生み出している自然環境、先人達の知恵や技術、暮らしから生まれた食文化など、すべての地域資源を生かした西和賀ならではの商品を開発し、未来を拓きたいと思っています。
【浅見アナ】なるほどね。だから皆さんは、「西わらび」や「大根の一本漬け」や「納豆汁の素」など、西和賀の資源を生かした人気商品を生み出せるんですね。
【廣瀬さん】はい。以前は正直、西和賀は進歩から取り残されたお先真っ暗な町だと思っていましたが、今は、人に感動を与えられるいろんな本物、宝物を沢山持っているワクワクできる町だと思っています。「にしわが寒ざらしそば」も、真冬のめちゃくちゃ冷たい清流と山国の乾いた寒風という地域資源を生かし、思いを込めて一生懸命仕込んでいますのでどうかご期待ください。
【水越アナ】はい、期待しています。ではもう一度、「にしわが寒ざらしそば」は、いつ頃からどこで食べられるのか教えてください。
【廣瀬さん】はい。「にしわが寒ざらしそば」は、以前は2月初旬から4月まで提供させていただいていましたが、今年は、雪が融け始め気温も緩む4月中旬から、2月ではなく4月中旬から提供させていただきますので、お間違いないようよろしくお願いいたします。提供のし方も、以前は当社経営のそば店のみでの提供でしたが、今年は昨年同様、町内の有名そば店5店舗が参加して開催します『にしわが寒ざらしそば祭り』で提供させていただきます。参加するそば店は、「そば処・常居」さん、「母ちゃんの店・わがや」さん、「農家食堂およね」さん、「春の屋」さん、そして当社経営の「ゆめプラザ・にしわが十割そばの店」の5店舗ですが、詳しい日程や実施内容、各店舗の特別メニューなどは、4月3日(水)のこの番組でご案内させていただきますし、お二人にはご試食をお願いしたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。
【浅見アナ】はい。楽しみに待っています。産業公社の皆さんも、寒さ厳しい中での仕込み作業、お体に気をつけて頑張ってください。
【廣瀬さん】ありがとうございます、頑張ります。

【今週のプレゼント】
今週のプレゼントは、寒ざらしそばの乾麺を2袋3名様にプレゼント致します。

関連記事

ページ上部へ戻る