ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2020/4/15放送分)


IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2020/4/15放送分)は、㈱湯田牛乳公社・営業課係長の小林冬樹が出演し、『腸内環境を整えることの大切さ』についてのご紹介をさせて頂きました。
【水越アナ】
今日のゲストは、㈱湯田牛乳公社・営業課係長の小林冬樹さんです。小林さん、よろしくお願いします。
【小林よろしくお願いいたします。
【浅見アナ】さてこのコーナー、年度変わりの関係で2回お休みをいただきましたが、今日から再開させていただきます。新年度一回目のお話は、どんなお話なのでしょうか。
【小林はい。いま世界中で、新型コロナウイルス感染拡大で大変な状況になっています。日本でも緊急事態宣言が発令され不安な状況が続いています。そこで当社としても、何か少しでも皆様のお役に立ちたいと思い、今回と次回、腸の環境を整え、免疫力アップにも貢献できるビフィズス菌が入っている「のむヨーグルト」の500ccパックを、各回6本セットで50名様に、合計600本プレゼントさせていただきます。そして今日は、腸内環境の大切さとビフィズス菌のお話もさせていただきたいと思います。

【水越アナ】そうですか。ビフィズス菌が入っている「のむヨーグルト」の500ccを2週にわたって合計600本!!! ありがとうございます。このコーナーをずうっと聴いていらっしゃる方は、よくご存知かもしれませんがあらためて 腸内環境とビフィズス菌のお話も、ぜひお願いします。
【小林はい。では、さっそくお話させていただきますが、お二人は、腸内フローラという言葉をお聞きになったことがありますか?
【浅見アナ】あぁはい。腸内フローラは、確か、腸の中には沢山の細菌がいて、それがお花畑英語で言うとフローラのように見えるから、腸内フローラって言うんですよね。
【小林】はい、おっしゃる通りです。私たち人間の腸内には 体内に棲む細菌のうち およそ9割が棲みついています。種類は約1000種類、数はおよそ100兆個から1000兆個だと言われています。それが、菌種ごと塊となって腸の壁に隙間なく張り付いている光景が、顕微鏡で見ると品種ごとに並んで咲くお花畑、フローラのように見えることから“腸内フローラ”と言われています。
【水越アナ】100兆個から1,000兆個、それはものすごい数ですね。
【小林】はい。 重さにすると1キロから2キロもあるそうですが、ほんとにすごい数だと思います。そして、その菌が私たちの健康に大きく関わっているわけですが、菌は働きによって、体に良い様々な働きをしてくれる「善玉菌」、増え過ぎると体に悪影響を及ぼす「悪玉菌」、状況によって善玉菌の味方をしたり悪玉菌の味方をしたりする「日和見菌」に分けることができます。ビフィズス菌や乳酸菌はもちろん善玉菌ですが、腸の中で発酵活動を行い、腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌が増殖できないようにしてくれます。特にビフイズス菌は、殺菌効果がある酢酸を生成するので、より悪玉菌の増殖を防ぐことができます。
【浅見アナ】ということは、私たちが健康でいるためには、善玉菌をどんどん増やせばいいってことですよね。
【小林はい。と最初は私も思ったのですが・・・
実は悪玉菌も、腐敗活動によって肉類などのタンパク質を分解し、便として処理排泄するという役割を果たしている、必要なものなんです。では、私たちが健康でいるためには、それらの菌がどんなバランスで存在すればいいかということですが、理想は、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割だと言われています。
【水越アナ】へぇぇ、ぁでも、善玉菌は2割で大丈夫なんですか。
【小林】はい。7割を占める日和見菌は、善玉菌が優勢な状態であれば善玉菌につき腸内で発酵活動を行い、悪玉菌が優勢であれば悪玉菌になびいて腐敗活動を行いますので、日和見菌が善玉菌の味方につくような環境にしておけば大丈夫です。
【浅見アナ】なるほどねぇ。だから日和見菌って言うんですね。
【小林】はい。でも、ビフィズス菌や乳酸菌は、ある程度の期間は腸内に滞在することができても棲み着くことはできません。腸内フローラをよいバランスで維持するためには、栄養バランスのとれた食事をとることは勿論ですが、ヨーグルトなどからビフィズス菌や乳酸菌という善玉菌を直接摂取することが、それもできれば毎日摂取することが必要になってきます。
そこで今回と次回は、
生きて腸まで届くビフィズス菌・BB12が入っている「のむヨーグルト」の500ccパックを6本セットで50名様に、合計600本プレゼントさせていただきます。どうかラジオをお聴きの皆様には“他のメーカーさんの商品でもかまいません”ので、日々の食習慣にヨーグルトを入れていただき、腸内環境を整え、免疫力を高めてくれる善玉菌を接種していただきたいと思います。新型コロナウイルスの感染拡大は、全く先行きが見えない大変な問題ですが、当社も本当に微力ではありますが、今後も少しでも皆様のお役に立てるよう努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。
【浅見アナ】今日は、『腸内環境を整えることの大切さ』についてのご紹介でした。小林さん 有難うございました。
【小林ありがとうございました!
【水越アナ】
次回の放送は、4月22日(水)です。ぜひお聴き下さい。『ゴクッとしあわせ湯田牛乳』この放送は、湯田牛乳公社の提供でお送りしました。

【今週のプレゼント】
今週のプレゼントです。ご紹介している ビヒィズス菌・BB12が入っている「のむヨーグルト」の500ccパックを、6本セットで50名様にプレゼントします。

 

関連記事

ページ上部へ戻る