ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2020/5/13放送分)

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2020/5/13放送分)は、㈱西和賀産業公社•生産加工課長の廣瀬稔さんが出演し、西和賀が誇る春の味覚「西わらび」のお話をさせて頂きました。
【水越アナ】このコーナーでは、いつもはスタジオにゲストをお迎えしていますが、新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、今回もお電話でのお話とさせていただきます。 今日の出演は㈱西和賀産業公社•生産加工課長の廣瀬稔さんです。 廣瀬さん、よろしくお願いします。
【廣瀬さんよろしくお願いいたします。
【浅見アナ】今日は、西和賀が誇る春の味覚「西わらび」のお話をしていただきます。いよいよこの季節が!という事ですが、今年もかなりお問い合わせがあるようですね。



【廣瀬さん
はい。すでに多くの方から「いつから、どこで買えるの?」とか「お取り寄せしたいんですが」などのお問い合わせをいただいています。特に今年は、新型コロナウイルス対策の休業要請を受けて、「西わらび」を販売している『道の駅錦駅湖』『ゆめプラザ』『ゆいハウス』を休業していましたから、「店舗はいつまで休業するんですか?」といったお問い合わせが多かったです。そこでまずはお知らせですが、岩手の休業要請は解除されましたので、『道の駅錦駅湖』『ゆめプラザ』『ゆいハウス』『レストハウスゆのさわ』は営業を再開いたしました。今年収穫した「西わらび」は、今週の土曜日から販売しますが、新型コロナウィルスの安全対策もしっかり行っておりますので、ぜひ足をお運びいただきたいと思います。
【水越アナ】そうですか。西和賀産業公社さんでは、4月25日から全店舗休業したそうですが・・・ いや本当に大変ですよね。
【廣瀬さん】はい。先週の放送で湯田牛乳公社の溝渕専務からも伝えていただきましたが、店舗休業中、町内・町外を問わず多くの方が、テイクアウト弁当を買いに来てくださったり、激励の言葉をかけに来てくださいました。国道107号の崩落事故で道の駅が長期休業に追い込まれた時もそうでしたが、改めて人と人との繋がりや支え合いの大切さ、ありがたさを実感しています。本当にありがとうございます。正直、今後に関しては不安も沢山ありますが、まずは西和賀が誇る「西わらび」を、最高の状態でご提供できるよう頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
【水越アナ】はい。では、今年の「西わらび」情報、教えてください。
【廣瀬さんはい。まずは、ご存じない方の為に、まずは「西わらび」を簡単にご紹介させていただきます。「西わらび」は、西和賀の土や豪雪など様々な自然条件が生み出した、まさに“風土がくれた宝物”と呼べる逸品です。特徴は、粘り気のあるトロトロ食感とアクが少ないほんのり甘みを感じる旨みです。この「西わらび」を、西和賀町では、 遊休農地を活用して栽培していますが、そのきっかけは、岩手で最も高齢化が進むなか、高齢者でも生産できる新たな作物として注目したことでした。栽培が始まったのは約20年前ですが、10年前からはブランドわらび「西わらび」として本格的に生産•販売しており、栽培面積は今では50haまで広がっています。生産者も、10年前は20人ほどでしたが、現在は140人を超えています。
【浅見アナ】へえぇ栽培面積が50haで生産者が140人以上、それはすごいですね。
【水越アナ】生産者さんは、やっぱりご年配の方が多いんですか。
【廣瀬さん】はい、8割以上が高齢者ですが、先日も、82歳の方から『西わらびは俺の生ぎがい。植え替えした畑(はだげ)のワラビも、今年(こどし)がら採れるがらよろしぐ!!』と熱い口調で言われました。こういった高齢生産者さんとお会いするたび、私達も「もっと頑張ろう」という気持ちになります。
【水越アナ】なるほどね。高齢者の皆さんが元気になり、遊休農地も活用できる。そういう意味でも、「西わらび」は “風土がくれた宝物” なんですね。
【廣瀬さん】はい、そう思います。ですが、さすがに高齢の生産者の中には、『わらび作りは続げたいが、収穫する体力がなぐなった・・・』という方も増えてきましたので、急いでその対策を立てなければと思っています。そこで今年は、県と町の協力をいただき、若いボランティアを募集し、西わらびの収穫体験と西和賀の魅力を体感してもらう企画を実施する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で断念せざるを得なくなりました。来年こそは、必ず実施いたしますのでよろしくお願いいたします。
【浅見アナ】そうですか。そういう企画は、私達も応援しますので頑張ってください。
【廣瀬さん】ありがとうございます。
【水越アナ】
では、今年の「西わらび」の購入方法を教えてください。
【廣瀬さん】はい。いま収穫中の「西わらび」は、町内では『道の駅錦駅湖』とほっとゆだ駅前の『ゆめプラザ』、湯田牛乳公社に隣接する直売店『ゆいハウス』、町内の各産直で、今週の土曜日から販売いたします。町外での販売はただ今調整中ですが、詳しいこと はお手数ですが、㈱西和賀産業公社•電話番号0197-82-2211までお問い合わせください。また、県内の各郵便局窓口に設置してあります専用申し込み用紙でご注文いただける「ゆうパック」や、当社への直接注文でもご購入いただけますが、こちらも詳しいことはお手数ですがお電話でお問い合わせください。西和賀の風土がくれた宝物「西わらび」は、今年もバッチリ美味しいです。お二人にも、後ほどスタジオにお届けしますので、ぜひ召し上がってみてください。
【浅見アナ】ええほんとですか。それは嬉しいです。
【水越アナ】楽しみに待っています。
【廣瀬さん】はい、楽しみに待っててください。
【浅見アナ】今週は、いよいよ販売開始をむかえる「西わらび」について㈱西和賀産業公社 生産加工課長 廣瀬稔さんにお話をうかがいました。廣瀬さん 有難うございました。
【廣瀬さんありがとうございました!
【水越アナ】次回の放送は、5月20日(水)です。ぜひお聴き下さい。『ゴクッとしあわせ湯田牛乳』この放送は、湯田牛乳公社の提供でお送りしました。

■販売店情報(2020年5月16日時点)

取扱店
西和賀町道の駅錦秋湖
湯夢プラザ
結ハウス
里の恵

【今週のプレゼント】
今週のプレゼントです。ワラビの水煮を3名様にプレゼント致します。


 

関連記事

ページ上部へ戻る