ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2020/5/20放送分)


IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2020/5/20放送分)は、㈱西和賀産業公社•店舗事業課長の高橋昌幸さんが出演し、『道の駅錦秋湖』『ゆめプラザ・にしわが十割そばの店』『レストハウスゆのさわ』でご提供する、それぞれ趣向をこらした「西わらび丼」のご紹介をさせて頂きました。
【水越アナ】このコーナーでは、いつもはスタジオにゲストをお迎えしていますが、新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、今回もお電話でのお話とさせていただきます。今日の出演は㈱西和賀産業公社•店舗事業課長の高橋昌幸さんです。高橋さん、よろしくお願いします。
【高橋さんよろしくお願いいたします。
【浅見アナ】前回の話題は、西和賀が誇る春の味覚「西わらび」についてのお話をしていただきましたが、いろいろ反響があったようですね。
【高橋さん
はい、ありました。「西わらび大好きです、必ず西和賀にいきます」とか、「高齢の生産者の皆さんご苦労様です。来年の収穫ボランティアには参加したいです」など、元気をもらえるお電話やメールも沢山いただきました。また、『道の駅錦秋湖』や『にしわが十割そばの店』などにいらした方からも、「ラジオ聞いたよ」といろいろお声をかけていただきました。本当にありがとうございます。そこで当社では、そんな皆様方に「西わらび」の美味しさをレストランでも堪能していただきたいと思い、『道の 駅錦秋湖』『ゆめプラザ・にしわが十割そばの店』『レストハウスゆのさわ』で、それぞれ趣向をこらした「西わらび丼」をご提供することにしました。今日は、それをご紹介させていただきます。
【浅見アナ】へぇぇ、3店舗でそれぞれ違った「西わらび丼」を出すんですね!
【水越アナ】ということは、3店舗回れば3種類の「西わらび丼」を食べることができるってことですよねぇ。
【高橋さん】はい、そうです。本当はお二人にも、3種類の食べ比べをしていただきたかったんですが、こういう状況ですのですみません。
【浅見アナ】あぁ それは本当に残念ですが、この状況ではしかたないですね。
【水越アナ】なんですが・・・
待ってました!! 今、目の前に 西わらびの水煮が届いているんですよー。
色鮮やかで、太さがいい感じですね。スパッとかみ切れて、西わらび独特のネバリの食感がいいですね。
【浅見アナ】美味しい。今年のもサクッ・トロで間違いないですね。
【水越アナ】いや〜、ひたすら食べていたいですね。これが使われている「西わらび丼」は、さぞかし美味しいのでしょうね、ご紹介頂けますか。
【高橋さんはい。今日ご紹介します「西わらび丼」は、西和賀が誇る春の味覚「西わらび」をレストランで堪能していただこうと、『道の駅錦秋湖』『ゆめプラザ・にしわが十割 そばの店』『レストハウスゆのさわ』が、それぞれ独自に考案したものです。3種類とも、包丁でトロトロネバネバになるまで叩いた「西わらび」を、丼に盛ったご飯の上にタップリ乗せるところまでは一緒なのですが、それ以外は、それぞれのお店の趣向をこらしてあります。
【水越アナ】以前スタジオで戴いた「西わらび丼」も、トロトロネバネバに叩いた西わらび が乗ってましたが、ご飯とよく絡んでとても美味しかったですよね。
【高橋さんありがとうございます。「西わらび」の大きな特徴は、筋が少なく、嚙めばトロッとする食感とエグミが少ない旨みだと言われますが、包丁で叩くとトロトロネバネバが増してご飯との絡みもよくなります。
『道の駅錦秋湖』では、このトロトロネバネバ の西わらびをご飯の上にタップリ乗せ、それに西わらびのホダの天戮羅、西わらびの醤油づけを小口に切ったもの、長芋の千切り、シラス、大葉、白髪ネギをトッピングし、特製バッケ味噌醤油をかけて召し上がっていただきます。それに小鉢とお新香と 山菜の味噌汁がついて価格は7 8 0円ですが、味噌汁は、100円増しでミニ蕎麦に替えることができます。
『ゆめプラザ•にしわが十割そばの店』では、シラスと大葉と 白髪ネギの部分を紅ショウガの天麩羅に替えて、自社製割り醤油で召し上がっていただきますが、こちらも紅ショウガの天麩羅がいいアクセントになって美味しいです。価格は、小鉢とお新香と山菜の味噌汁がついて780円です。
『レストハウスゆのさわ』では、トッピングが、長芋のさいの目切りと大根の一本漬けで作った味噌漬け、針海苔と自社製ピッカラふりかけで、自社製割り醤油をかけて召し上がっていただきますが、こちらも価格は、小鉢とお新香と山菜の味噌汁がついて780円です。

【浅見アナ】
いやぁいいですね。お話を聞くと試食できないのが本当に残念ですが、トッピングも種類が豊富なんですね。
【高橋さんはい。トロトロネバネバの「西わらび」とご飯だけでも美味しいとは思いますが、丼の中にいろんな楽しさ、発見、驚きがあったほうがいいと思い、トッピングも工夫してみました。勿論、どの丼も、叩いた西わらびとご飯とトッピングした具を一緒に 口に入れた時のコラボ感、美味しさが一番大切ですので、そこはかけるタレとの相性 も含めて徹底したつもりです。どの店舗でも新型コロナウィルスの安全対策は徹底して おりますので、ぜひ一度ご賞味いただきたいと思います。
【水越アナ】はい。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ慎重に行動しなければなりませんが、西和賀の豊かな大自然中で、美味しい「西わらび丼」や「にしわが十割そば」「湯田ダムカレー」などを食べて、ストレスを解消するのも大切なことだと思います。安全第一ではありますが、ぜひ西和賀に足をお運びいただきたいと思います。
【高橋さん】ありがとうございます。
【浅見アナ】では、今日ご紹介いただいた「西わらび丼」は、いつから、どこで食べれるのかをあらため教えてください。
【高橋さん】はい。3種類の「西わらび丼」はすでに5月16日•先週の土曜日から、『道の駅錦秋湖』『ゆめプラザ•にしわが十割そばの店』『レストハウスゆのさわ』で、今日ご紹介した内容と価格でご提供しています。また『道の駅錦秋湖』と『ゆめプラザ・にしわが十割そばの店』、湯田牛乳公社に隣接する直売店『ゆいハウス』の売店では、 西和賀の風土がくれた宝物、旬の「西わらび」や山菜を販売しておりますので、ぜひそちらも覗いていただきたいと思います。
【浅見アナ】今週は、三種類の「西わらび丼」について㈱西和賀産業公社・店舗事業課長の高橋昌幸さんにお話をうかがいました。高橋さん 有難うございました。
【高橋さんありがとうございました!
【水越アナ】次回の放送は、6月10日(水)となります。ぜひお聴き下さい。『ゴクッとしあわせ湯田牛乳』この放送は、湯田牛乳公社の提供でお送りしました。

5/20(水)よりオンラインショップ「にしわがのみせっこ」「西わらびの水煮」の販売を開始しました。
西和賀町は2mも雪が積もり、春 すこしずつ雪がとけて大地に雪どけ水がしみこんでゆきます。たっぷりと水をふくんだ大地から、たっぷりと水を吸い込むわらび。だからこそ、とろっとやわらかな食感になります。
水煮をさっと水でながして、お醤油をかけてそのままでも、めんつゆと刻んだ生姜と一緒にすこし漬け込むのも、またおいしい。
また包丁でたたいて、とろろみたいにすると、西わらびのとろっと感を十二分に味わっていただけるかもしれません。
わらびなんて、食卓には地味かもしれません。
でも、食物繊維、ビタミンB2、そしてネバネバ成分のムチンが豊富で、昔から春をかんじさせてくれる滋味深い食材だったのです。
朝、収穫したてのわらびを、加工場ですぐにアク抜きしてパックに詰めました。1本1本丁寧に収穫し、加工しています。

👉オンラインショップ「にしわがのみせっこ」はコチラ

『道の駅錦秋湖』『ゆめプラザ•にしわが十割そばの店』『レストハウスゆのさわ』で使える「西わらび丼」の『ペア券』を3名様にプレゼント致します。

関連記事

ページ上部へ戻る