ブログ

Q. 低温殺菌牛乳ってなに?

【回答】

生乳のもつ風味を大切にする殺菌法(低温長時間殺菌法)です。主に62~65℃で30分間殺菌を行います。

一般的な牛乳は超高温殺菌法で殺菌されており、有害な菌のみではなく、人の体にとって有益な菌まで殺菌してしまいます。また、タンパク質が熱により変性することで風味が変化します。
どちらも栄養素に変わりはありませんが、低温殺菌処理の牛乳は、生乳本来の風味やほのかな甘さを感じていただけます。

当社は乳質が高い生乳を使用し、63℃30分間殺菌(ノンホモジナイズ)と65℃30分殺菌(ホモジナイズ)の2種類の低温殺菌牛乳を製造しています。

【関連商品】
厚子 ノンホモジナイズ
厚子

関連記事

ページ上部へ戻る