ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2020/7/22放送分)


IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2020/7/22放送分)は、㈱湯田牛乳公社•専務取締役の溝渕郁夫が出演し、前回に引き続き「そもそも牛乳とはどういうものか」というお話をさせて頂きました。
【水越アナ】溝渕さん、よろしくお願いします。
【溝渕よろしくお願いいたします。
【浅見アナ】さて今回も、前回に引き続き「そもそも牛乳とは」というテーマでお話をしていただきますが、今日はどんなお話なのでしょうか。
【溝渕
はい。前回の放送で、牛乳がここまで普及した理由の一つとして、「調理や加工品などに利用しやすい、いろんな可能性を秘めた食品」だからというお話をしましたが、今日は、牛乳を使い簡単に減塩できる方法として注目されている「乳和食」のお話をさせていただきます。以前、この番組で「乳和食」のお話をした時には、レシピの紹介と試食が中心でしたが、今日は新型コロナウィルスの影響で試食ができませんので、しっかりお話をさせていただきます。
【水越アナ】はい、試食できないのは残念ですけれど、お願いします。
【溝渕】まずは、なぜ「乳和食」というものが考案されたかなんですが、それは「和食」が持つ長所を生かしつつ、短所も補うためなんです。
【浅見アナ】長所をいかして短所もおぎなう、ですか・・・
【溝渕はい。「和食」は、皆さんご存じのように、主食のご飯と副食のおかずの組合せを基本とした、日本の基本的な食事スタイルです。長所は、素材をダシや醤油、味噌 などで調理・味付けするので、慨して油脂類が少なめになり摂取エネルギー量を抑えられることと、多彩な副食、おかずからビタミン・ミネラル・食物繊維など多くの栄養を摂れることです。ですから「和食」は、健康的な食事スタイルとして、世界中から 注目されています。一方で短所は、と言いますと 「和食」の定番メニューは、味噌汁、煮物、塩ざけ、干物、梅干し、佃煮、お新香など塩分が多いおかずが多く、冷奴やお剌し身などにもお醤油をかけるので、摂取する塩分量が多くなることです。また、日本の土壌には、もともとカルシウムなどのミネラルが少ないといわれており、意識して摂らないと、どうしてもカルシウムが不足がちになるということです。そこで、それらの短所を補うために登場したのが「乳和食」なんです、
【浅見アナ】
なるほど!! 「和食」という食事スタイルはとてもいいけど、塩分摂取量が多くなりがちなのが弱点、それを解決するのが牛乳を使った「乳和食」ということですね。
【溝渕】
はい。日本では、高血圧による脳卒中や胃ガンなどを減らす目的で“減塩運動”を進めていますが「減塩食は薄味で美味しくない」などの理由でなかなか浸透しないようです。ですが、牛乳のコクと旨みを生かした「乳和食」は、減塩しても美味しいのは勿論、牛乳に豊富に含まれるカルシウムやビタミンなどの栄養素を摂取することもできるので、注目されているということなんです。
【浅見アナ】確かに、以前ここで試食させてもらった「乳和食」は、減塩してもコクも旨みも十分でとても美味しかったです。
【水越アナ】そうそう。そして、なぜか牛乳臭くないというか、あれなら牛乳の匂いが苦手な人 でも食べれると思います。
【溝渕はい。「乳和食」を考案した料理家で管理栄養士の小山浩子さんは、それを「牛乳 が引き起こすミルクマジック」と表現し、マジックを起こす牛乳の使い方を「5つのミルクマジック」として具体的に示していますが、今日は、その5つの使い方を簡単にご紹介しましょう。
【水越アナ】はい、お願いします。
【溝渕】では、まずその1つ目ですが、それは「牛乳をダシにする」ということです。牛乳には、乳糖の穏やかな甘み、乳脂肪のコク、アミノ酸の旨み、微量のクエン酸などの酸味が含まれていますが、それらがうまく溶け合うと、ダシの代わりとして料理の味と 風味を引き立ててくれるので、塩分が強い調味料を減らすことができます。
【水越アナ】たしかに 前に試食した煮物や汁物も、ダシを減らしても旨みもコクも十分にありましたし、とても美味しかったです。
【溝渕】はい。本当に不思議なのですが、それが“ミルクマジック”なんだと思います。そして、 2つ目が「醤油や味噌で煮るときに使う水を牛乳に置き換えることで、料理にコクが 出るため醤油や味噌の量を減らすことができる」、3つ目が「野菜を煮たりゆでたり、乾物をゆで戻す際に水の代わりに牛乳を使うことで素材にコクと甘みが加わり、調味 料と塩分を減らすことができる」、4つ目が「小麦粉など粉を溶く際に水の代わりに 牛乳を使うことで、粉に牛乳のコクが加わり、調味料と塩分を減らすことができる」、そして 5つ目が「温めた牛乳に酢を加えると、自家製のカッテージチーズとホエーを作ることができ、減塩レシピのバリエーションを広げることができる」なんです。具体的なレシピについては、レシピ本も出ていますしネットでも検索できますので、 そちらを参考にしていただきたいと思います。
【水越アナ】はい。ミルクマジックの「乳和食」、美味しくて健康にもいいんですから、試して みたほうがいいですよね。
【溝渕】特に40代50代の、働きざかりの年代であるが故に 疲労やストレスが溜まる、高血圧や内蔵疾患などが心配な方達、食が細くなったりコレステロールを恐れて低栄養になりがちな高齢者の方達には、「乳和食」ぜひお試しいただきたいと思います。
【浅見アナ】今回も、前回に引き続き、「そもそも牛乳とはどういうものか」というお話を㈱湯田牛乳公社・専務取締役・溝渕郁夫さんにうかがいました。溝渕さん、有難うございました。
【溝渕ありがとうございました。
【水越アナ】次回の放送は、7月29日(水)です。ぜひお聴き下さい。『ゴクッとしあわせ湯田牛乳』この放送は、湯田牛乳公社の提供でお送りしました。

今週のプレゼントは、湯田牛乳1000ml 1本、厚子ホモジナイズ1000ml 1本、厚子ノンホモ1000ml 1本をセットに5名様ににプレゼントいたします。

関連記事

ページ上部へ戻る