ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2020/9/2放送分)

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2020/9/2放送分)は、㈱湯田牛乳公社・専務取締役の溝渕郁夫が出演し、「乳酸菌」のお話をさせて頂きました。
【水越アナ】今日のゲストは、㈱湯田牛乳公社・専務取締役の溝渕郁夫さんです。溝渕さん、よろしくお願いします。
【溝渕よろしくお願いします。
【浅見アナ】前回の「ヨーグルトのあれこれ」の続編として、新型コロナの影響で 注目が高まっている「乳酸菌」のお話無そうですが・・・。
【溝渕はい。乳酸菌は、皆さんご存じのように、ヨーグルトやチーズ、漬物などといった発酵食品の製造に使用される、体内に取り込むとヒトの身体にいろいろ良い働きをしてくれる微生物ですが、最近、新型コロナの影響もあり注目が高まっています。そこで今日は、 簡単ではありますが、「そもそも乳酸菌とは」というお話をさせていただきます。
【水越アナ】はい、お願いします。
【溝渕】では、さっそくお話させていただきますが、乳酸菌とは、糖類を消費して乳酸という物質を作る微生物の総称で、乳酸菌という名の菌が存在するわけではありません。乳酸菌の種類は多種多様ですが、共通していることは乳酸という物質を作ることで腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌と呼ばれる身体に悪い働きをする菌の増殖を抑えてくれることなのです。ですから、乳酸菌は善玉菌とも呼ばれているんですが、善玉菌•悪玉菌については、以前「腸内フローラ」のお話をしたときもふれました。覚えていらっしゃいますか?
【浅見アナ】はい。腸内フローラ」とは、腸内に生息している菌が腸の壁に透間なく張り付いてる光景が、品種ごとに並んで咲いている花畑、英語で言うフローラのように見えるから、腸内フローラというんですよね。
【水越アナそしてそれらの菌は、ヒトの身体に良い働きをしてくれる善玉菌と、増え過ぎると 悪い働きをする悪玉菌、状況によって善玉菌の味方をしたり悪玉菌になびいたりする日和見菌に分けられるんですよね。
【溝渕】はい、お二人とも さすがです。そしてその菌の理想の割合は、腸の中で発酵活動を行い腸内を 弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑えてくれる善玉菌が2割、勢力が優勢な方になびく 日和見菌が7割、悪玉菌が1割だと言われています。悪玉菌の割合がゼロじゃないの は、悪玉菌も腐敗活動で肉類などのタンパク質を分解し、便として処理排泄する役割があるからです。ですから、最も大切なことは、腸内フローラをどのようなバランスで整えるかということになるんです。
【水越アナだから、ヨーグルトなどから乳酸菌を摂取し、腸内環境を整えなければいけないんですね。
【溝渕】はい、その通りです。ですが、実は口から摂取した乳酸菌は、ある程度の期間しか腸内に留まることができませんので、腸内環境を整えるためには、乳酸菌を継続的に腸に補充しなければなりません。特に、生きて腸までたどり着く乳酸菌は、腸で活発に活動し悪玉菌の増殖を抑えてくれますので、ヨーグルトなどを食べて毎日摂取してもらいたいと思います。
【水越アナだから「生きて腸まで届く乳酸菌」を謳うヨーグルトが増えてるんですね。
【溝渕】はい。腸に届く前に胃酸などで死んでしまう乳酸菌も、菌体と呼ばれる構成要素や生成成分が身体に良い効果をもたらしてくれますが、腸の菌のバランスを整えるためには、生きて腸まで届く乳酸菌を、できれば毎日摂取してもらいたいと思います。
【水越アナはい、わかりました。
【浅見アナ】ところで、いつも気になっていたのですが、乳酸菌とビフィズス菌は違うのですか?
【溝渕】はい、違います。
乳酸菌の中にビフィズス菌が含まれているとお思いでしょうが、実は、分類上、乳酸菌とビフィズス菌は異なるものなんです。ビフィズス菌は、乳酸菌と同じように、腸内環境を整えたり、有害な悪玉菌の増殖を防ぐなどの働きがあります。ビフィズス菌は30種類以上存在し、人と動物では体内に存在する菌の種類が異なります。人の腸には約10種類のビフィズス菌が存在し、一人一人によって存在する菌の種類や多さが異なります。乳酸菌は糖を分解して乳酸を生成するのが特徴の菌ですが、ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸も生成します。酢酸は食用の酢から摂取する事は出来ますが、その場合は消化の途中で吸収されてしまいますので、腸には届きません。そのため、腸で酢酸を生成するビフィズス菌の働きは、腸にとって大きな効果があります。またビフィズス菌は乳酸菌よりも多くの人の腸内に存在しています。人の腸内には1~10兆個のビフィズス菌が存在していると言われています。そもそも乳酸菌やビフィズス菌は、ヒトの体内に存在している菌ですので、副作用など健康に害を及ぼす心配はありません。だからといって、一度に大量摂取しても効果があるわけではありません。重要なポイントは、少しずつでも毎日継続して摂取するということですので、その手段の一つとして、お好みの美味しいヨーグルトを活用していただければありがたいです。よろしくお願いいたします。
【浅見アナ】今回は、前回の「ヨーグルトのあれこれ」の続編として、新型コロナの影響で 注目が高まっている「乳酸菌」のお話をして頂きました。溝渕さん、ありがとうございました。
【溝渕ありがとうございました。
【水越アナ】次回の放送もお楽しみに~、ぜひお聴き下さい。『ゴクッとしあわせ湯田牛乳』この放送は、湯田牛乳公社の提供でお送りしました。

ビフィズス菌BB-12を使用している「のむヨーグルト500ml」6本を10名様にプレゼントいたします。

関連記事

ページ上部へ戻る