ブログ

Q. ヨーグルトはどれくらい食べるといいの?

【回答】

乳酸菌の効果を実感したい方は、やはり毎日継続して食べることが大切です。腸まで届いた乳酸菌も、便とともに排泄されたり、体調により悪玉菌が優勢になったり、日によって状況が変わることがあるためです。
ヨーグルトの量は、たくさん食べなくても1日に100~200g程度で大丈夫です。
無理のない量を毎日、楽しみながら食べていただければと思います。

ヨーグルトを継続して食べていただくと、様々な健康作用が期待できます。

1.腸内環境を整える 
腸内で作り出す酸によって善玉菌の増殖を抑え、腸内細菌のバランスを保ちます。

2.免疫機能の向上
体を守る免疫細胞の6~7割が腸管に集中しています。乳酸菌は免疫組織を刺激して免疫機能を調整するはたらきがあることが最近の研究で確認されてから、インフルエンザの感染予防や、花粉症の改善などで注目されています。

3.生活習慣病の予防
乳酸菌には中性脂肪を下げたり急激な血糖値の上昇を抑える働きがある事がわかっており、結果、肥満・糖尿病・心筋梗塞などの予防にも効果があるとされています。

【関連商品】
プレミアム湯田ヨーグルト プレーン
プレミアム湯田ヨーグルト 加糖
ga・raギリシャヨーグルト
まろやかヨーグルトプレーン

関連記事

ページ上部へ戻る