ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2020/11/18放送分)

※radikoのタイムフリー機能で今回の番組を再生される場合は、コチラをクリックしてください。
(注)岩手県外で聴取される場合は、有料の『radiko.jpプレミアム』の登録が必要です。

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2020/11/18放送分)は、西和賀町で企画と広報の活動をされている やまびこPR 加藤紗栄さんが出演し、黒田勝雄写真展「最後の湯田マタギ」のご紹介をさせて頂きました。
【水越アナ】さて、今日のゲストは西和賀町で企画と広報の活動をされている やまびこPR 加藤紗栄さんです。加藤さん、よろしくお願いします。
【加藤さんよろしくお願いします。
【浅見アナ】加藤さんは、昨年、東京から西和賀町へ移住されたそうですね?
【加藤さんはい、私は生まれも育ちも東京なのですが、6年前から地域ブランドのプロデュースの仕事で西和賀町を訪れるようになりまして、こちらで地域の方々とお仕事をしていくうちに、西和賀の美しい自然と、雪国文化と、そして何より優しい西和賀の人たちが大好きになり、ついに移住しました。私が移住するきっかけとなった西和賀町の地域ブランド「ユキノチカラ」については、また今度この番組で改めてお話させていただく予定です。
【水越アナ】そうだったんですね!「ユキノチカラ」という名前のように、西和賀といえば「雪」ですが、東京からいらしてびっくりしませんでしたか?
【加藤さん最初に見た時はびっくりしましたが、同時にとても美しくて見たことのない景色に感動しました。地元の方にとっては邪魔者の雪ですが、この雪があるからこその西和賀の魅力を「ユキノチカラ」ブランドを通じてお伝えしたいと思っています。
【浅見アナ】今度「ユキノチカラ」のお話も楽しみにしています! 
さて加藤さん、先週から、西和賀町でマタギの写真展を開催されているそうですね。
【加藤さんはい、来週の23日(月)まで、西和賀町湯本温泉内にある「まちなか交流館」で、黒田勝雄写真展「最後の湯田マタギ」を開催しています。写真家の黒田勝雄さんが、今年5月に西和賀のマタギをテーマにした「最後の湯田マタギ」という写真集を東京の藤原書店から出版されまして、それを記念した写真展となります。


【水越アナ】はい今、手元にこの「最後の湯田マタギ」写真集があるのですが、緊迫感のある狩りの場面もありますけれど、西和賀の雄大な自然の風景や、子どもたちやお母さんたちの表情を捉えた温かい写真など、様々な視点の写真が収録されていますね。
【加藤さんはい、この写真集は黒田さんが1977年から97年の20年間にかけて東京から西和賀町(その当時は湯田町)に通われて、撮影されたマタギの里の暮らしと狩猟風景の写真が掲載されています。普通は見ることのできない貴重なマタギの狩りや儀式の場面がテーマではありますが、雪国に住む人々の生活や風習、表情が丁寧に描写されているのも大きな見どころです。今回はこの写真集の中から、33点の写真を厳選して展示しています。
【浅見アナ】マタギ、というと、山に入って熊など獣の狩りをする人というイメージはあるのですが、現在も西和賀町にはマタギの方々がいらっしゃるんですか?
【加藤さん】いえ、マタギは集団で狩りをするのですが、そういった意味ではもう西和賀にマタギの方々はいらっしゃいません。黒田さんの写真集の中でキーマンとなっているのがマタギの高橋仁右エ門さんという方なのですが、代々マタギの頭領を務めていたお家の末裔で、この方を中心に湯田のマタギ集団が組織されていたんですね。この仁右エ門さんも3年前に99歳でお亡くなりになられたのですが、マタギ集団全体の高齢化もありますし、猟や銃を持つこと自体の規制も近年大変厳しくなっていますので、西和賀にはマタギを職業とする方がもういなくなってしまったんですね。なので、この写真集も「”最後の”湯田マタギ」というタイトルが付けられています。

【浅見アナ】それではもう今ではみられない本当に貴重な風景なんですね。
【水越アナ】でも最近では、全国各地でクマの出没がニュースになっていますね。
【加藤さん】はい、それには様々な理由があると思います。人口減少のために空き家が増え、耕作地が荒れてきてしまったり、また、一つにはこういったマタギのような方々がいなくなって、動物の住む自然界と人の住む里山との間の結界が崩れてしまったということもあると思います。いま日本の山間地域では全国的に同じ課題を抱えていますので、そのような社会的視点からも写真展を見ていただけると良いのではないかと思います。
【浅見アナ】はい、ありがとうございました。それでは最後に加藤さん、この写真展のインフォメーションをお願いします。
【加藤さん】はい、黒田勝雄写真展「最後の湯田マタギ」、11月23日(月曜・祝日)まで、西和賀町まちなか交流館で開催しています。入場無料です。開催時間は午前10時から午後5時までとなります。また、最後の3日間、21日〜23日土日祝日ですが、地元の若者で、カフェを営まれているネビラキカフェさんと、コーヒー焙煎家の111coffeeさんに会場内で「特別に」出店していただくことになりました。こだわりの美味しいハンドドリップコーヒーを味わいながらマタギの写真展をお楽しみいただければと思います。
【水越アナ】はい、ぜひこの休日、西和賀町へお出かけください。
【浅見アナ】今日は、黒田勝雄写真展「最後の湯田マタギ」のお話を伺いました。加藤さん、ありがとうございました。
【加藤さんありがとうございました。
【水越アナ】次回の放送もお楽しみに~、ぜひお聴き下さい。『ゴクッとしあわせ湯田牛乳』この放送は、湯田牛乳公社の提供でお送りしました。

今週のプレゼントは、久々に湯田牛乳公社の生クリームを使用した生シュークリーム6個を3名様にプレゼントいたします。

関連記事

ページ上部へ戻る