ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2021/11/10放送分)

※radikoのタイムフリー機能で今回の番組を再生される場合は、コチラをクリックしてください。
(注)岩手県外で聴取される場合は、有料の『radiko.jpプレミアム』の登録が必要です。

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2021/11/10放送分)は、株式会社湯田牛乳公社 営業課の小林冬樹が、ヨーグルトサミットのセミナー講演についてお話ししました。
 

【水越アナ】今日は株式会社湯田牛乳公社 営業課の小林冬樹さんにスタジオへお越しいただいています。小林さんよろしくお願いします。

【小林よろしくお願いいたします!

【浅見アナ】今日は先日行われたヨーグルトサミットのセミナー講演についてのお話をしてくださるんですね?

【小林はい、先月末に東京ビックサイトで行われました「FOOD展」にて、第1回ヨーグルトサミットの発起人である小美玉市役所職員の中本正樹さんと私でセミナー講師として出演させていただきました。

【水越アナ】セミナー講師!いよいよ各方面からヨーグルトサミットが注目され始めていますね!因みにどういったお話をされたんですか?

【小林45分という貴重なお時間をいただき、冒頭の15分は簡単に「ヨーグルトサミットとは」というところをご説明させていただきました。残りの30分は小美玉職員の中本さんとフリートークでお話をさせていただきました。

【浅見アナ】なるほど、これまで「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」でヨーグルトサミットの魅力をお伝えいただいたかと思いますが、フリートークではどういったお話をされたんですか?

【小林ビジネスに特化した展示会ということもあり、ヨーグルトサミットを通じて地域や酪農家、乳業メーカーにどういった効果をもたらすのか、またどういったことを目指していくかをメインにお話をさせていただきました。中本さんは市役所職員としての立場、私は乳業メーカーの営業としての立場でお話させていただきました。

【水越アナ】少しで結構ですので、どういったお話をしたかお聞かせいただけますか?

【小林例えば、ヨーグルトの市場についてです。日本のヨーグルトの市場は4000億円とも言われております。その中で、弊社やご当地のヨーグルトが占める割合は本当に微々たるものです。ヨーグルトサミットに出られるメーカーは地元酪農家さんや自社生育の生乳をベースとした地方乳業メーカーさんが多いので、これは当然の形です。ではその限られた魅力ある資源を余すことなくお伝えしていくにはどうしていったらいいか?その生乳の鮮度や製法、原材料など、こだわりのヨーグルトをどのように一般の方に認知いただき、応援いただくか?といったような議題でお話させていただきました。

【浅見アナ】熱いトークですね!聞いてみたくなりました。それでは改めてヨーグルトサミットのご説明をお願いいたします。

【小林全国ヨーグルトサミットinいわては1月中旬を目途に実施できるよう、現在内容調整中です。詳しい情報は特設HPにて随時更新してまいりますので、是非ご確認ください。一般の皆様でも楽しく気軽に参加できるコンテンツもご用意しております。また、本日ご紹介いたしましたセミナーの内容につきまして、HPもしくはInstagram・Facebookなどでもチェックできますので、是非ご視聴いただければ幸いです。

【浅見アナ】今週は株式会社湯田牛乳公社 営業課の小林冬樹さんに、先日行われたヨーグルトサミットのセミナー講演についてのお話をいただきました。小林さんありがとうございました。

【小林】ありがとうございました!

【水越アナ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳のコーナー、次回の放送は、11月17日(水)です。ぜひお聴き下さい。『ゴクッとしあわせ湯田牛乳』この放送は、湯田牛乳公社の提供でお送りしました。

 

 
今週のプレゼントです。「プレミアム湯田ヨーグルト加糖・プレーン」のセットを3名様にプレゼントします。是非ご応募ください。
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る